ICTを活用した交通データ収集、人や自転車を含めて…国交省が検討へ

国土交通省
国土交通省全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、新たな道路交通調査体系の構築に向けて「ICTを活用した新道路交通調査体系検討会」を8月9日に開催すると発表した。

国土交通省では、これまで5年に1回実施されてきた道路交通センサスを主体とした、車に焦点をあてた調査体系から、ICTをフル活用した常時観測を基本とする平常時・災害時を問わない「新たな道路交通調査体系」の構築を目指している。

このため、検討会を開催して人、自転車などを含めた道路空間に存在する全ての主体の利用データの収集にあたっての課題抽出、具体的なデータ利活用方策について、多様な交通モードとの連携も視野に入れて検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 日産自動車追浜工場(参考画像)
  • コンチネンタルの自動運転EV(参考画像)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ