「まるで走るホテル」西鉄、史上最高級のラグジュアリーバスを今秋導入 改造費6000万円

グランデイズ・ラグジュアリーバス
グランデイズ・ラグジュアリーバス全 10 枚写真をすべて見る

西日本鉄道は、上質かつ特別な新バスツアーブランド「グランデイズ」の立ち上げに伴い、同社史上最高級ラグジュアリーバスを2019年10月に導入すると発表した。

今回導入するラグジュアリーバスは、「One-Seat HOTEL」をコンセプトとし、約6000万円をかけて改造した、西鉄史上最高級のラグジュアリーバス。2名掛けシートを6列に配置し、空間を贅沢に使用。12席という限定仕様で特別なプライベートスペースを創出している。内装には、国産木材の温もりある風合いと、上品な色合いが特徴の「大川家具(福岡県大川市)」を使用。座席には、高級本革を使用したドイツ直輸入のシートを採用し、旅の優越感と高揚感を高める。

ツアーの企画にあたっては、地域の魅力に精通しており、まちおこしや地方創生に取り組む企業4社と提携。高級旅館への宿泊や趣向を凝らした料理だけではなく、地域の「知られざる」「特別な」「その地域ならでは」の体験ができるツアーを提供する。

ツアー費用(2名1室)は「日本のキリシタンの歴史 雲仙3日間」が19万8000円、「デラックスバスで行く 山口の絶景巡り&山陰の小京都・津和野探訪(1泊2日)」が9万9000円など。

グランデイズ・ラグジュアリーバスグランデイズ・ラグジュアリーバス

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  4. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  5. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  6. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  7. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
  10. オートバックスグループ、「AUTO IN車検・タイヤセンター」6店舗を運営開始
ランキングをもっと見る