新宿スバルビル跡地「SHINJUKU ODAKYU PARK」として暫定利用開始 8月22日

SHINJUKU ODAKYU PARK(整備中、8月7日)
SHINJUKU ODAKYU PARK(整備中、8月7日)全 5 枚写真をすべて見る

小田急電鉄は、8月22日から当面の間、新宿スバルビル跡地を「SHINJUKU ODAKYU PARK」として、暫定利用すると発表した。

新宿スバルビルは1966年1月に完成し、以来48年、富士重工(現スバル)本社およびショールームとして、そして新宿西口の顔として親しまれてきた。同ビルは2010年に小田急電鉄が取得。その後、富士重工の本社移転で、2014年8月にショールームも営業を終了。地上部分の解体工事は2018年8月に着手し、2019年5月に完了している。

同エリアは東京都の「新宿の拠点再整備方針」の対象エリアとなっており、整備事業着手までの間、新宿スバルビル跡地を「SHINJUKU ODAKYU PARK」の名称で暫定利用することを決定。エリアのにぎわい醸成・活性化への寄与を目的とし、公園(=PARK)として楽しい時間を過ごしてもらいたいとの想いを込めたという。

第1弾は、「ラグビーワールドカップ メガストア」が出店。第2弾以降については、エリアのにぎわい醸成・活性化につながるテナントの誘致等を目指しており、内容は決定次第アナウンスする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田急線経堂駅
  • 小田急電鉄 次世代モビリティチームの西村潤也統括リーダー
  • 小田急の新型通勤車両、5000形
  • 小田急の最新通勤用電車5000形。
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV