【トヨタ RAV4 新型】これさえあればどこでも行ける? まとめ…ベストグレードや試乗記、価格

トヨタ RAV4 ハイブリッド 新型
トヨタ RAV4 ハイブリッド 新型全 4 枚写真をすべて見る

3年ぶりの国内市場での復活となった5代目トヨタ『RAV4』。悪路での走破性を追求しただけでなく、オンロードでの走行性にも優れたオールラウンドSUVは、「第40回日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」を受賞した。

目次

  1. 約3年ぶりに国内市場復活 260万8200円から
  2. 「SUVの楽しさを体現、初代のようにアクティブな気持ちを呼び覚ます車に」…佐伯チーフエンジニア
  3. 【オフロード試乗】好みとステージで選びたい、3タイプの4WD…片岡英明
  4. 【雪上試乗】3つのAWDには「ダイナミック」な違いがあった…桂伸一
  5. 【ハイブリッド 試乗】「97点主義」のクルマ作り…中村孝仁
  6. 【ガソリン 試乗】ベストグレードは2リットルのアドベンチャー…渡辺陽一郎
  7. 4WD性能ってどう違うの?ミドルSUV3車種で違いを解説!…RAV4、エクリプスクロス、フォレスター
  8. 一枚岩ではないSUV! 流行りに流されない個性にあったクルマ選び…RAV4、CX-5、エクリプスクロス
  9. 【日本カーオブザイヤー2019-20】今年の一台は『トヨタ RAV4』に決定! 国産車は3年ぶり

約3年ぶりに国内市場復活 260万8200円から

トヨタは、『RAV4』をフルモデルチェンジし、4月10日に発売する。

初代RAV4は1994年、当時としては画期的だった乗用車タイプのSUVとして登場。今でいうクロスオーバーSUVの先駆けとして新しい市場を開拓した。新型は、日本未導入だった4代目を含めると5代目にあたり、国内市場では約3年ぶりの復活となる。

[続きを読む]

約3年ぶりに国内市場復活 260万8200円から 画像

  • トヨタ RAV4
  • トヨタ RAV4
  • トヨタ RAV4
  • トヨタ RAV4
  • トヨタ RAV4
  • トヨタ RAV4

「SUVの楽しさを体現、初代のようにアクティブな気持ちを呼び覚ます車に」…佐伯チーフエンジニア

今につながるクロスオーバーSUVの先駆者がトヨタ『RAV4』である。1994年にデビューするや瞬く間にファンを増やした。その後は日本だけでなく海外でもヒットを飛ばしている。

乗用車のプラットフォームを用い、フルタイム4WDを主役に据えたRAV4は、四半世紀に渡ってクロスオーバーSUV市場を牽引してきた。今やグローバルでは年間80万台の生産を記録する売れっ子なのだ。また、北米では月に2万5000台以上の販売台数をコンスタントに記録し、あの『カムリ』をも凌ぐ人気者に成長している。

[続きを読む]

「SUVの楽しさを体現、初代のようにアクティブな気持ちを呼び覚ます車に」…佐伯チーフエンジニア 画像

トヨタ RAV4 新型トヨタ RAV4 新型

【オフロード試乗】好みとステージで選びたい、3タイプの4WD…片岡英明

トヨタは、ミドルクラスSUV『RAV4』をフルモデルチェンジし、3年ぶりに国内市場に復活させた。

「ハイブリッド」「ガソリン」「グレード」によって異なる4WDシステム

[続きを読む]

【オフロード試乗】好みとステージで選びたい、3タイプの4WD…片岡英明 画像

  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 新型 ハイブリッドモデル
  • トヨタ RAV4 新型 ガソリンモデル
  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 新型 ガソリンモデル

【雪上試乗】3つのAWDには「ダイナミック」な違いがあった…桂伸一

18年11月、ロサンゼルスショーに合わせて行なわれるWCA(ワールドカーアワード)の選考試乗会で初対面した新型『RAV4』にギョッとした。フロントは上からの眺めで八角形、キャビンから後方は横から見ると八角形をクロスさせて組み合わせるデザインと、その顔つき(マスクは六角形)にである。

どうしてこの奇抜なスタイリングが必要なのか?! 聞けば、なるほどアメリカでは威厳というか、威嚇できるツラ構えを含む造形がとくに女性ユーザーには重要で、男連と対等に渡り合うために堂々と見せる必要があるのだと言う。

[続きを読む]

【雪上試乗】3つのAWDには「ダイナミック」な違いがあった…桂伸一 画像

トヨタ RAV4 新型には3タイプのAWDが用意される。その走りに違いはあるのか(写真はAdventure)トヨタ RAV4 新型には3タイプのAWDが用意される。その走りに違いはあるのか(写真はAdventure)

【ハイブリッド 試乗】「97点主義」のクルマ作り…中村孝仁

トヨタのクルマ作りが変わった

室内に乗り込んで、スターターボタンを押す。でもエンジンがかかるわけでもなく、メーターの中央付近に緑色の文字でREADYと表示されるだけ。アクセルを少しだけ踏むと、キーンという独特の音を伴って走り出す。

「21世紀に間に合いました」と言って、トヨタが『プリウス』を世に出してからもう20年以上が過ぎた。今やトヨタだけで年間150万台以上の俗に言う電動車を販売しているから、このキーンと唸りながら走るクルマはすっかりお馴染のものになったと思う。今ではミニバンだろうがコンパクトカーだろうが大型セダンだろうが、果てはSUVに至るまで、すべてこのキーンで始まるクルマが作られているのである。

[続きを読む]

【ハイブリッド 試乗】「97点主義」のクルマ作り…中村孝仁 関連記事

【ガソリン 試乗】ベストグレードは2リットルのアドベンチャー…渡辺陽一郎

SUVの高人気を受けて日本復活

初代トヨタ『RAV4』は、5ナンバーサイズのコンパクトなSUVとして1994年に発売された。質感は高くないが、デザインと運転感覚が軽快で、若いユーザーの共感を呼んだ。

ところが2代目以降は北米市場を重視してボディを拡大させ、内外装の雰囲気も日本のユーザーから離れてしまう。2007年にはホイールベース(前輪と後輪の間隔)を伸ばして後席の居住性を高めた『ヴァンガード』が発売され、4代目のRAV4は国内で売られなかった。

[続きを読む]

【ガソリン 試乗】ベストグレードは2リットルのアドベンチャー…渡辺陽一郎 画像

  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)
  • トヨタ RAV4

4WD性能ってどう違うの?ミドルSUV3車種で違いを解説!…RAV4、エクリプスクロス、フォレスター

4WDってどういう仕組み?

4輪車の駆動方式は大きく2WDと4WDに分けられます。2WDのうち前輪を駆動するものを前輪駆動、後輪を駆動するものを後輪駆動と呼びます。これらの駆動方式はエンジンがどこにあるかによってさらに細分化され、エンジンがフロント部分にある前輪駆動はフロントエンジン・フロントドライブとしてFF、後輪駆動はフロントエンジン・リヤドライブのFR、ミッドシップならばMR、エンジンをリヤに積むならRRといった呼び方となります。

[続きを読む]

4WD性能ってどう違うの?ミドルSUV3車種で違いを解説!…RAV4、エクリプスクロス、フォレスター 画像ら

RAV4、エクリプスクロス、フォレスターRAV4、エクリプスクロス、フォレスター

一枚岩ではないSUV! 流行りに流されない個性にあったクルマ選び…RAV4、CX-5、エクリプスクロス

単なる流行りではなく一つの時代の流れを作っているSUV。その多機能性や実用性は確かに他の車種と比べて一線を画している。しかし、単なる流れに乗って選んでしまっては、あまりにも味気ないもの。そこで、ガソリン・ハイブリッド・ディーゼルと動力別に個性豊かなSUVを比較してみた。

個性にあったSUV選び

[続きを読む]

一枚岩ではないSUV! 流行りに流されない個性にあったクルマ選び…RAV4、CX-5、エクリプスクロス 画像

【日本カーオブザイヤー2019-20】今年の一台は『トヨタ RAV4』に決定! 国産車は3年ぶり

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第40回 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」は6日、東京都内で最終選考会を実施。ノミネートされていた10ベストカーの中から、トヨタ『RAV4』が栄冠に輝いた。前回、前々回はボルボが2冠。国産車の受賞は第37回のスバル『インプレッサ』以来3年ぶりとなる。

[続きを読む]

【日本カーオブザイヤー2019-20】今年の一台は『トヨタ RAV4』に決定! 国産車は3年ぶり 画像

  • 第40回 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーはトヨタ RAV4 が受賞
  • 第40回 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーはトヨタ RAV4 が受賞
  • 第40回 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー
  • 第40回 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー
  • インポート・カー・オブ・ザ・イヤーのBMW 3シリーズセダン(左)と日本カー・オブ・ザ・イヤーのトヨタRAV4(右)
  • 第40回 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー

《滑川寛》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロードハウスのデモカーとして登場したカディス エクストリームRAV4。オーバーフェンダーやルーフレールラックを備え、5インチアップのフォルムを備えたオフ志向の一台。
  • 「大阪オートメッセ2020」に展示されたランボルギーニ風のトヨタRAV4と、フェラーリ風のプリウス
  • トヨタ RAV4 プライム 新型
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド 新型
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード ブロンコ 2ドア 開発車両(スクープ写真)
  • VW アルテオン シューティングブレーク 開発車両(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ