最後のレッドブル・エアレース、ファルケンブースで室屋選手を応援 9月7-8日

2018年千葉大会の室屋機
2018年千葉大会の室屋機全 3 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は、9月7~8日に幕張海浜公園で開催される「レッドブル・エアレース千葉2019」(Red Bull Air Race)に「ファルケン」ブランドで協賛し、ブースを出展する。

世界最速のモータースポーツ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2019」のシリーズ最終戦となる第4戦、千葉大会。住友ゴムはナショナルパートナーとしてファルケンブランドで協賛し、会場内にブースを出展する。

ブースでは最新ラインアップのタイヤを装着したファルケンのデモカーをはじめ、「チームファルケン」としてアジア人で唯一マスタークラスに参戦する室屋義秀選手を応援するメッセージボードの設置や室屋選手が操縦する機体の模型を展示する。

レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップは、高速で機動性に優れたレース用飛行機を操縦して、スピード、スキル、正確性を競う空中のモータースポーツ。14名のマスタークラスのパイロットは地上や水面からわずか数メートルの高さで、最高速370km/hに達するスピードと12Gに及ぶ重力加速度に耐えながら飛行する。なお、レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップは2019年シーズン限りでの終了が決定している。

2018年千葉大会2018年千葉大会

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ