EV向け二次電池世界市場、2030年には7.4倍の8兆5844億円に拡大 富士経済

大型二次電池の世界市場
大型二次電池の世界市場全 1 枚写真をすべて見る

富士経済は、自動車分野向け大型二次電池の世界市場を調査、その結果を「エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編」にまとめた。

報告書によると、2018年の自動車分野向け二次電池市場は駆動用と補機用を合わせて3兆9174億円。2030年には3.8倍の14兆9610億円に伸長すると予測している。

駆動用はリチウムイオン二次電池(LiB)が中心で、市場は中国需要をはじめとするEV向けが続伸。2018年は前年比26.7%増の2兆1750億円となり、駆動用LiB市場の構成比でも最大となった。次いで1台当たりの二次電池搭載容量が大きいEVトラック・バス向けとなっている。今後も市場はEV向けがけん引し、2030年には2018年比5.9倍の12兆7631億円、市場構成比は2018年の53.5%から67.3%まで高まるとみられる。

補機用は鉛電池(Pb)が大部分を占め、2018年の市場は前年比4.5%増の1兆7424億円となった。構成比は内燃車/アイドリングストップ車(ISSV)向けが市場の96.6%を占める。今後市場はICEV/ISSV向けが2020年代前半にピークアウトするが、環境自動車向けが欧州生産車や中国生産車の需要を中心に伸長し、市場は2030年に2018年比26.1%増の2兆1980億円が予測される。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ