コンチネンタル、電動化を加速へ…パワートレイン部門のスピンオフとIPOを検討

コンチネンタルの電動化のイメージ
コンチネンタルの電動化のイメージ全 1 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は9月2日、パワートレイン部門のスピンオフとIPO(新規上場)を検討していると発表した。

今回の発表は、パワートレインの電動化を加速させることを見据えたものだ。コンチネンタルはパワートレイン事業を2020年、可能な限り最良の条件の下でスピンオフ、IPOすることにより、将来のさらなる成長を目指す。

なおコンチネンタルは、パワートレイン部門のスピンオフ後の新会社の社名を、「Vitescoテクノロジーズ」とする予定だ。

コンチネンタルのパワートレイン部門を統括するアンドレアス・ウルフ氏は、「2020年を楽しみにしている。 コンチネンタルは、とくにエレクトロニクスと電動化の分野で確固たる地位を築いており、これらは収益性の高い成長戦略を実行する基盤になる」と述べている。

あおり運転に備えたドライブレコーダーにまさかの弱点!? 夏の過酷な環境でSDカードが…

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 電動SUVレースの「エクストリームE」
  • コンチネンタルの通信するタイヤ「コンチ・ケア」
  • コンチネンタルの高性能コンピュータのイメージ
  • コンチネンタル VikingContact 7
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV