JR東日本のポイントをSuicaの鉄道利用でも付与…1回ごとの還元率は最大2% 10月1日から

モバイルSuicaでSuicaグリーン券を購入すると、1回の購入額に応じて還元率2%のポイントが付与されるサービスが10月1日から始まる。写真は横須賀線のグリーン車。
モバイルSuicaでSuicaグリーン券を購入すると、1回の購入額に応じて還元率2%のポイントが付与されるサービスが10月1日から始まる。写真は横須賀線のグリーン車。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本は9月3日、Suicaの鉄道利用でポイントを付与するサービスを10月1日から開始すると発表した。

JR東日本のポイントサービスである「JRE POINT」は、これまでエキナカや駅ビル、クレジットカードの利用で付与されてきたが、10月1日以降にJRE POINTに登録したSuicaでJR東日本エリアの鉄道を利用した場合、在来線の乗車やSuicaグリーン券の購入、モバイルSuica定期券の購入で1回ごとに額に応じて付与される。

対象となるSuicaは、モバイルSuica(モバイルSuica定期券を含む)とカードタイプの記名入りSuicaで、モバイルSuicaの還元額は2%、カードタイプのSuicaは0.5%となる。

1ポイントは1円換算で、モバイルSuica定期券を除いて、1ポイント未満の利用となっても1ポイントが付与される。ポイント算出の際、1ポイント未満の端数は切捨てとなる。

ポイントが付与される時期は、乗車日または定期券利用開始日の翌月下旬以降となる。モバイルSuica定期券の場合は、他社線に跨るものでも、合算額がポイント対象となるが、払い戻した場合はポイントを返還する必要がある。

また、2020年春以降は「タッチでGo!新幹線」の利用で2%のポイントを、同年12月以降はSuicaの回数券的な繰返し利用で乗車1回分のポイントを、2021年春以降は「えきねっと」での切符購入額に応じたポイントを付与するサービスも開始される予定で、付与されたポイントは、2021年春以降に座席のアップグレードや在来線特急を利用できる特典チケットの交換でも利用可能となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。
  • クラゲもいる小田急の“竜宮城”駅が完成…日没後にライトアップされる片瀬江ノ島駅

ピックアップ