メルセデスベンツ、12車種3万8000台をリコール 排出ガスが規制値を満たさないおそれ

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は9月3日、『Cクラス』など12車種3万8445台について、油圧カムシャフトアジャスタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「C180」、「C180CGIステーションワゴン」、「C180クーペ」、「C200CGI」、「C200CGIステーションワゴン」、「C250CGI」、「C250CGIステーションワゴン」、『Eクラス』の「E250CGI」、「E250CGIステーションワゴン」、「E250CGIクーペ」、『SLK200』の12車種で、2009年8月17日から2012年11月24日に輸入された3万8445台。

ガソリンエンジンの油圧カムシャフトアジャスタにて、ロック機構の材質が不適切なため、耐久性が不足している。そのため、ロック機構が摩耗しエンジン始動時に異音が発生して、最悪の場合、エンジン警告灯が点灯して触媒加熱制御を停止させることで、排出ガスが規制値を満足しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、油圧カムシャフトアジャスタを対策品と交換する。

不具合は17件発生、事故は起きていない。市場からの報告およびドイツ本社からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスAMG C63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス 次期型に初めて設定される「オールテレーン」 のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツCクラス
  • VW ゴルフR ヴァリアント(スクープ写真)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG

ピックアップ

Response.TV