メルセデスベンツの電動車「EQ」初のセダン、ティザーイメージ…フランクフルトモーターショー2019で発表へ

メルセデスベンツの「EQ」セダンコンセプトカーのティザーイメージ
メルセデスベンツの「EQ」セダンコンセプトカーのティザーイメージ全 2 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は9月3日、ドイツで9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー2019でワールドプレミアする電動ブランド「EQ」初のセダンコンセプトカーのティザーイメージを公開した。

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。EQブランドの最初の市販車として登場したEVが、SUVの『EQC』となる。

EQCには、メルセデスベンツが新開発した電動パワートレインを搭載する。モーターは前後に2個レイアウトされ、4輪を駆動する4WDになる。2個のモーターは、合計で最大出力402hp、最大トルク76.5kgmを引き出す。走行状況に応じて、前後アクスル間でトルク配分を行う。動力性能は、0~100km/h加速5.1秒、最高速180km/h(リミッター作動)だ。

メルセデスベンツは、ドイツで9月に開催されるフランクフルトモーターショー2019において、EQ初のセダンコンセプトカーを初公開する予定だ。メルセデスベンツは、EQストーリーは続いており、フランクフルトモーターショー2019ではEVの次なる章を披露する、としている。

メルセデスベンツの「EQ」セダンコンセプトカーのティザーイメージメルセデスベンツの「EQ」セダンコンセプトカーのティザーイメージ

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ