BMW i8 にソフィストグレーの最終仕様 全世界200台、日本価格は2312万円から

BMW i8 アルティメットソフィストエディション
BMW i8 アルティメットソフィストエディション全 13 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、PHEVスポーツカー『i8』クーペおよびロードスターの全世界200台限定モデル「アルティメットソフィストエディション」を発表、9月5日より受注を開始した。

BMW i8は、スポーツカーでありながらコンパクトカー並みの燃費性能と低排出ガスを実現したPHEVテクノロジー「eDrive」や、電気自動車『i3』とともに量産車として初めてCFRPをボディの基本骨格に採用するなど、革新的な技術を投入したプレミアムスポーツカー。2020年4月に生産終了が予定されており、今回のアルティメットソフィストエディションが最終限定モデルとなる。

特別限定車は、i8のスポーティかつ個性的なデザインを際立たせるため、ソフィストグレーをボディカラーとし、ホイールやトリムなどに専用色となるE-コッパーを採用する。室内にもE-コッパ―のインテリアカラーを採用し統一感を演出するとともにスポーティな個性を強調。さらに「Ultimate Sophisto Edition 1 of 200」と刻まれた限定バッヂを装備する。

価格はクーペが2312万円、ロードスターが2453万円。全世界で200台限定の先着販売となる。

あおり運転に備えたドライブレコーダーに不具合!? SDカードは過酷な環境で…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/05/326149.html/article/2019/09/05/326148.html/article/2019/09/05/326150.html