スバル レヴォーグ など、3車種3万2000台をリコール 排ガス漏れのおそれ

スバル・レヴォーグ(2018年)
スバル・レヴォーグ(2018年)全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は9月5日、『レヴォーグ』『WRX』『フォレスター』の排気管に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年5月9日から2018年2月20日に製造された3万2224台。

排気管のエキゾーストパイプフロント組付けで、規定より低いトルクで締結されたものがある。そのため、走行振動等により緩みが生じ、最悪の場合、隙間ができ、排出ガスが漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、エキゾーストパイプフロント取付けナットの締付状態を点検。規定トルクを満たしていないものは、エキゾーストパイプフロントとガスケットを新品に交換する。

不具合は7件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • バンパーガード SLB1(ブラック)
  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ