シェルビーGT500 が1200馬力に…狂気のハイチューン「Venom」

自動車 ニューモデル 新型車
フォード マスタング シェルビーGT500 パフォーマンスパッケージ
フォード マスタング シェルビーGT500 パフォーマンスパッケージ 全 2 枚 拡大写真
米国のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は、フォードの高性能モデル『マスタング・シェルビーGT500』をベースに3つのパフォーマンスパッケージを発表した。

2020年型「マスタング・シェルビーGT500」は、5.2リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力760hp、最大トルク846Nmを発揮する。

一方、ヘネシーによって手がけられた『Venom850』と呼ばれるエントリーモデルは、新開発のスーパーチャージャー、高流量触媒コンバーター、高流量空気誘導システム、及びステンレス鋼製ロングチューブヘッダーを使用することにより、最高出力850ph、最大トルク982Nmを発揮する。

さらにミッドレンジ『Venom1000』は、最高出力1,000hp、最大トルク1151Nmを発揮するほか、トップレンジの『Venom1200』には、アップグレードされた燃料システム、改良されたインタークーラー、より強力なトランスミッション、新しいステンレス製排気システム大流量の空気誘導システムを搭載、史上最強の1200psを発揮するモンスターマシンへ仕上げられている。

「マスタング シェルビーGT500」新型が1200馬力に...ヘネシーが狂気のハイチューン!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ