9月11日も6線区で運行見合せが続く房総のJR線…小湊鐵道ではバス代行も 台風15号

上総中野駅で接するいすみ鉄道とともに、3日連続で運行見合せが続いている小湊鐵道。9月10日からは代行バスの運行が始まっている。
上総中野駅で接するいすみ鉄道とともに、3日連続で運行見合せが続いている小湊鐵道。9月10日からは代行バスの運行が始まっている。全 1 枚写真をすべて見る

JR東日本千葉支社は9月11日、台風15号の影響により千葉県内の6線区で依然、運行見合せが続いていることを明らかにした。

同支社の発表によると、9月11日は内房線木更津~安房鴨川間、外房線上総一ノ宮~安房鴨川間、総武本線成東(なるとう)~銚子間、成田線成田~松岸間、鹿島線(香取~鹿島サッカースタジアム)全線、久留里線(木更津~上総亀山)全線で終日運行を見合わせるとしている。

これに伴ない、総武本線の特急『しおさい』、内房線の特急『さざなみ』も全列車が運休。外房線の特急『わかしお』については東京~上総一ノ宮間のみで運行されているが、一部列車は運休している。

ちなみに内閣府の発表によると、総武・外房・内房・成田・鹿島の各線では倒木、内房線富浦駅(富浦町)付近では土砂流入、久留里線では袖ヶ浦市内の東横田駅と横田駅で屋根の損傷が確認されているという。

また、東京電力の発表によると、千葉県内では13時54分時点で、市原市の5万6700軒を筆頭に、依然43万4100軒で停電が続いており、鉄道施設にも影響が出ている模様だ。茨城県内の停電は解消されたため、鹿島臨海鉄道(水戸~鹿島サッカースタジアム)は全線で運行を再開している。

JR線以外の千葉県内の鉄道では、倒木や倒竹が発生しているいすみ鉄道(大原~上総中野)、上総三又(かずさみつまた)~上総山田間で倒木や送電線・通信線の断線が発生している小湊鐵道(五井~上総中野)で依然、運行見合せが続いており、再開の目途は立っていないという。

このうち小湊鐵道は、市原市内の五井駅と上総牛久駅の間で代行バスを運行している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。

ピックアップ

Response.TV