VWグループ、欧州と中国の新車の5割を電動車に…フランクフルトモーターショー2019

フォルクスワーゲン ID.3 とヘルベルト・ディースCEO(フランクフルトモーターショー2019)
フォルクスワーゲン ID.3 とヘルベルト・ディースCEO(フランクフルトモーターショー2019)全 9 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、今後10年で欧州と中国で販売される同グループの新車の約5割を電動車にするとの目標を発表した。

フォルクスワーゲングループのプレスカンファレンスには、ヘルベルト・ディースCEOが登壇した。新型EVのフォルクスワーゲン『ID.3』のワールドプレミアに際し、同CEOは「電気自動車をニッチな製品から社会の主流へと押し上げ、誰もが手の届くものにしたい」と意気込みを語った。

フォルクスワーゲンブランドは、ID.3とともに、大規模な電動化攻勢を開始した。この攻勢は、グループ全体にも適用される。例えばアウディでは、ブランド初のEVの『e-tron』が好調な滑り出しを見せている。ポルシェも初のEVの『タイカン』をワールドプレミアした。グループ全体で間もなく、さらに多くの電動モデルが発表される予定だ。

フォルクスワーゲングループは2028年までに、およそ70車種の新しい電動車を発売する計画だ。これらの電動車の生産台数は2200万台に上ると見込む。グループの電動車はブランドの垣根を越えて、電動車専用のプラットフォームやツールキットをベースとしており、量産効果を引き出す狙いだ。

フォルクスワーゲン ID.3 とヘルベルト・ディースCEO(フランクフルトモーターショー2019)フォルクスワーゲン ID.3 とヘルベルト・ディースCEO(フランクフルトモーターショー2019)

《森脇稔》

【画像】VWグループ、欧州と中国の新車の5割を電動車に…フランクフルトモーターショー2019(9枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  4. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  7. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  8. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  9. 先進技術をモノにしたアルファ ロメオ『ステルヴィオ』は、世のSUVと一線を画すグランドツーリングSUVだPR
  10. 9月17-18日は要注意…台風14号接近で山陽新幹線などが運休の可能性
ランキングをもっと見る