時速490km超え!世界最速のブガッティ、350万ユーロで市販化へ

自動車 ニューモデル 新型車
ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ 全 9 枚 拡大写真
ブガッティは、先日ハイパーカーとして初めて300マイル(483km/h)を計測した『シロン ロングテール』を、市販化する計画を持っていることがわかった。

イタリアのレーシングカーコンストラクターである、ダラーラ社と共同開発された「シロン ロングテール」は、ベースモデルからリアテール部分を9.8インチ(25センチ)ストレッチし微調整されている。

また気流の流れを最適化するために、ウィングやエアブレーキを排除し、エキゾーストシステムを再設計しているという。さらに、オーバーホールされたサスペンションは、車高調整のためにレーザー制御システムを採用している。

世界最速を記録した同モデルは、軽量化のためにプロトタイプではシートが一つしか装備されていないが、市販型では2シーターになる可能性もあるほか、車名は『シロン スーパースポーツ300+』に決定したという。

パワートレインは、8月に発表された『Centodieci』(チェントディエチ)から流用される8.0リットルW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載。最高出力1,578psを発揮し、トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」を採用、駆動方式は4WDとなる。

発売時期は未定だが、価格は350万ユーロ(約4.1億円)、限定30台で発売が予定されているという。

490.48km/h...世界最速ブガッティ「シロンLT」、4.1億円で市販化へ!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/16/326533.html/article/2019/09/16/326532.html/article/2019/09/16/326534.html