LINEカーナビ、車載ナビなどSDL対応機器との連携開始…カローラ 新型も

LINEカーナビ
LINEカーナビ全 1 枚写真をすべて見る

LINEは9月17日、無料のAIカーナビアプリ「LINEカーナビ」と「SmartDeviceLink(SDL)」対応機器との連携が可能となったと発表した。

SDLとはスマートフォンアプリをカーナビなどの車載機で使えるようにする規格で、スマートフォン等とSDL対応機器をBluetoothとUSBケーブルで接続することで利用可能。より大きな画面でスマートフォンのサービスを利用できるほか、車載機を買い換えることなく最新サービスを利用したり、レンタカーでも使い慣れたサービスをそのまま利用できるなど、メリットは大きい。

LINEカーナビは、LINEのAIアシスタント「Clova」とトヨタのハイブリッドナビエンジンを連携させた無料のカーナビアプリ。話しかけての目的地設定や音楽再生、家電操作、LINEメッセージの送受信など、Clovaで提供しているサービスを車内でも利用できる。また、トヨタの豊富な走行データによって走りやすい道案内や、高精度な到着時刻予測を実現するなど、快適なドライブ体験を可能にしており、地図も自動で最新の情報に更新される。

9月17日からは、SDL対応機器との連携を開始。新型トヨタ『カローラ』、『カローラツーリング』、『カローラスポーツ』に標準搭載された車載機より順次対応を開始する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーメンテナンスの 電話予約・ネット 予約 を、自動で一元管理
  • LINEアカウントメディア プラットフォームにレスポンスが参画。ニュースダイジェスト配信を開始する
  • LINEスタンプ
  • 4月17日、記者会見に臨む安倍首相
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV