地方鉄道にも無線式の列車制御システム…国交省が導入へ向けた検討を開始

2011年10月から「ATACS」が導入されている仙石線。
2011年10月から「ATACS」が導入されている仙石線。全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省鉄道局技術企画課は9月20日、地方鉄道への無線式列車制御システム導入へ向けた仕様標準化の検討を開始することを明らかにした。

無線式列車制御システムは、列車の検知にレールへ電流を流す「軌道回路」によるものではなく、列車と地上との双方向通信で減速や停止を行なうもので、2011年10月にはJR東日本が「ATACS」(Advanced Train Administration and Communications Systemの略)と呼ばれるシステムを仙石線に導入。首都圏では2017年11月、埼京線に導入している。

軌道回路による列車制御は、回路自体はもちろん、信号機やケーブルなどの地上設備を要するため、手間やコストが莫大になることから、構成がシンプルなATACSのような無線式列車制御システムは、人口減による人手不足が予想される鉄道業界で、既存施設の有効活用や維持管理の効率化・省力化を図れるものとして注目を集めている。

今回は、大手鉄道会社で導入されている無線式列車制御システムを地方鉄道にも広げることを視野に入れた「地方鉄道向け無線式列車制御システム仕様標準化検討会」が9月24日に開催されることになり、国土交通省では「地方鉄道で必要な無線等による列車制御の機能、装置に関する情報を整理し、仕様の標準化に向けた検討を行います」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 明治時代中期に設立された近江鉄道には歴史を感じさせる駅も多い。写真は2017年8月に再生された大正建築の日野駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 上総中野駅に並ぶ小湊鐵道(右)といすみ鉄道の気動車(左)。黄色い車両は、現在は運行されていないいすみ鉄道の「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • 「先進的でスピード感ある車体形状とそれを際立たせるメタリック塗装」とした80000系『ひのとり』の外観。
  • 高輪ゲートウェイ駅を俯瞰した全景(11月時点)。アクセントとなる大屋根は折り紙をモチーフにした障子をイメージしたという。
  • 札樽トンネル部分の平面図(上)と縦断面図(下)。手稲トンネルを延伸する形で札幌の市街地区間を地下トンネルで抜けるが、手稲トンネルの出口に近い星置・富丘両工区では有害物質を含む残土の受入れ先が決まらず、着工に至っていないため、札幌市では鉄道・運輸機構が事前調査に入る同意を求める説明会が行なわれているが、大きな進展は見られない。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/20/326724.html/article/2019/09/20/326723.html/article/2019/09/20/326725.html