ドゥカティ ムルティストラーダ、累計生産10万台突破…16年で達成[ヒストリー]

10万台目のドゥカティ・ムルティストラーダ:1260パイクスピーク。ドメニカーリCEO(向かって左)と、オーナーになるハヤードさん
10万台目のドゥカティ・ムルティストラーダ:1260パイクスピーク。ドメニカーリCEO(向かって左)と、オーナーになるハヤードさん全 13 枚写真をすべて見る

ドゥカティは9月17日、生産開始から16年で『ムルティストラーダ』シリーズが累計生産台数10万台を達成したことを発表した。

10万台目のムルティストラーダは、ドイツのドゥカティスタ、デイブ・ハヤードがデュッセルドルフのディーラーでオーダーした『1260パイクスピーク』だった。

ドゥカティのマルチパーパスモデルであるムルティストラーダには、常に最先端のテクノロジーが搭載されてきた。2010年には、モーターサイクルの特性を劇的に変化させる「ライディングモード」を初搭載。「4台のバイクを1台に」というキャッチフレーズが広告キャンペーンに採用された。2014年に導入されたD|Airバージョンでは、センサーが検知した情報を使用して、専用のエアバッグ・ジャケットを作動させるシステムを業界で初導入。2015年には、可変バルブタイミングエンジンを搭載した最初のモーターサイクルを発表した。

10万台目のムルティストラーダには、トップブリッジに記念のレーザー刻印が施され、納車式ではドゥカティのクラウディオ・ドメニカーリCEOが直接引き渡すというサプライズが演出された。

現在、ムルティストラーダファミリーは、950cc(113ps)モデルに2つ、1260cc(158ps)モデルに5つの合計7つのバージョンが用意されている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV