トーイングトラクターの自動走行実証実験を実施へ

TractEasyのトーイングトラクター
TractEasyのトーイングトラクター全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は、空港地上支援業務の省力化・自動化を推進するため、9月から空港の制限区域内で、手荷物・貨物などを輸送するトーイングトラクター自動走行の実証実験を実施すると発表した。

インバウンド需要もあって航空需要拡大が見込まれる中、空港地上支援業務の労働力不足に対応するため、国土交通省は官民連携で先端技術の活用について検討・検証し、省力化・自動化を推進している。

取り組みの一環として、9月から2020年3月にかけて、空港の制限区域内で手荷物・貨物を輸送するトーイングトラクターの自動走行実証実験を実施し、実装に向けた課題を抽出する。

具体的には、実証実験では、全日本空輸(ANA)が佐賀空港で9月30日~10月11日、中部国際空港で2020年1~2月、日本航空(JAL)が成田国際空港で10月31日~2020年3月31日、AIROが成田国際空港と関西国際空港で2020年1~2月までそれぞれ実施する。

車両はANAは豊田自動織機のトーイングトラクター「TE152」、JALがTractEasyのトーイングトラクターを使用する。AIROはZMPの車両を使用する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV