スバル「EJ20」エンジン生産終了、ファイナルエディション初公開へ…東京モーターショー2019

スバルWRX STI EJ20 Final Editionプロトタイプ
スバルWRX STI EJ20 Final Editionプロトタイプ全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は9月25日、東京モーターショー2019の出展概要を公表した。それによると、次期型『レヴォーグ』(プロトタイプ)のワールドプレミアに加えて、特別仕様車『WRX STI EJ20 ファイナルエディション』(プロトタイプ)も初公開される。

国内営業本部マーケティング推進部の永来宏行主査は「EJ20エンジンを搭載したWRX STIは今、国内市場でしか展開していないが、このSTIが2019年12月末を持って受注を終了し、19年度内に生産を終了する形になる」と説明。

続けて「その最後、フィナーレを飾るものとして、特別仕様車を投入する。Sシリーズを彷彿とさせる機能、装備をまとった、まさにEJ20の集大成モデルになる。ファイナルエディションは限定555台の抽選販売を計画している」と述べた。

特別仕様車の内容は「EJ20エンジンのパフォーマンスを最高に高めるようなバランスドエンジンを今回、搭載する。加えてオプションにはなるが、専用のレカロシートを用意している。STIのオールドファンをくすぐるようなBBS鍛造19インチのゴールド塗装したアルミホイールをはかせる。あるいは6ポットのシルバーキャリパー、通常の量販モデルは黄色いキャリパーだが、シルバーをあしらった」というもの。

スバルEJ20型エンジンスバルEJ20型エンジン

ちなみに「海外向けのSTIはEJ25エンジンを搭載しており、海外向けは継続して生産、販売は続く」とのことだ。

永来主査は次期型レヴォーグについて「あらゆる面で進化を遂げた新…

《小松哲也》

【画像】スバル「EJ20」エンジン生産終了、ファイナルエディション初公開へ…東京モーターショー2019(2枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  2. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
  3. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表
  4. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  5. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  6. 岐阜県の貨物鉄道・西濃鉄道に改善指示…杜撰な保安取扱いや検査などが判明
  7. 宮崎県の日南線、9月27日から青島折返しに…9月21日には59分早発するミスも
  8. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  9. 【日産 キャラバン 新型試乗】ガソリン車が変わった!商用バンと思えぬ静粛性に驚く…諸星陽一
  10. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
ランキングをもっと見る