MINI クロスオーバー、燃料高圧ポンプ不具合で火災のおそれ リコール

MINI ONEクロスオーバー
MINI ONEクロスオーバー全 2 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は9月25日、「MINI ONEクロスオーバー」と「MINIクーパー クロスオーバー」の燃料高圧ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年6月30日~2018年6月6日に製造された648台。

燃料装置の部品管理が不適切だったため、高圧ポンプの保護プレートが装着されていないものがある。そのため、衝突事故の際に高圧ポンプが損傷した場合、燃料が漏れ、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、保護プレートを装着する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MINI ジョンクーパーワークス(JCW)カントリーマン(日本名:MINI ジョンクーパーワークス・クロスオーバーに相当)改良新型
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)のPHEV
  • MINI カントリーマン(MINI クロスオーバー)改良新型のPHV
  • MINI カントリーマン(MINI クロスオーバー)改良新型
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ