運転席のないトラック---スカニア、初の完全自動運転コンセプト[動画]

スカニア AXL
スカニア AXL全 7 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ傘下のスカニアは9月24日、初の完全自動運転トラックコンセプト、スカニア『AXL』(Scania AXL)を発表した。

スカニアAXLは、鉱山や大規模な建設現場での使用を想定した完全自動運転トラックコンセプトだ。運転操作は完全に車両に任されているため、運転席部分のないデザインが特長になる。

スカニアAXLには、カメラやレーダー、ライダー(LiDAR)、GPS受信機など、最新の自動運転システムが装備されている。このシステムは、鉱山でのニーズを満たすレベル向けに設計されている。鉱山では、中央指令室から制御を行う仕組みだ、

スカニアAXLのパワートレインは、エンジンを基本にしたものだ。再生可能なバイオ燃料によって駆動する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWトラック&バス「トレイトン」のスカニア、フォルクスワーゲン・トラック・バス、MAN
  • スカニアNXTコンセプト(バス)
  • スカニアジャパン R20H 500」(東京モーターショー2017)
  • R20H 500
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ