自工会の豊田会長、日米貿易協定の最終合意で「自由で公正な貿易環境の維持・強化を歓迎」

日本自動車工業会 豊田章男 会長(トヨタ自動車 社長)
日本自動車工業会 豊田章男 会長(トヨタ自動車 社長)全 1 枚写真をすべて見る

日本自動車工業会は、日米貿易協定が最終合意したことに関して「自動車分野における日米間の自由で公正な貿易環境が維持・強化されることを歓迎する」との豊田章男会長コメントを発表した。

協定では自動車・自動車部品に関して継続協議することなったことから日米両政府に「日米自動車産業の持続的な発展と国際競争力の更なる向上に資する成果を得られる」ことを要望する。

自工会の会員自動車メーカーが「日米両国に根差した事業活動を通じ、日米自動車産業と経済の更なる発展のため努力を継続する」としている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ