コンチネンタル、自動運転と電動化を成長分野に…2030年までの中長期戦略発表

コンチネンタルの無人自動運転タクシー「CUbE」
コンチネンタルの無人自動運転タクシー「CUbE」全 2 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は9月25日、2030年までの中長期事業戦略を発表した。

2030年までの中長期事業戦略では、収益性の高い成長を最大化することを目指す。この戦略では、品質、財務力、開発力の面で、コンチネンタルが主導的地位を獲得できるようにするのが狙いだ。この目的のために、コンチネンタルは、主要な成長分野での強みを体系的に構築していく。

コンチネンタルが主な成長分野として位置付けるのは、先進運転支援システム(ADAS)と自動運転向けソリューションだ。コンチネンタルは、自動運転関連の市場が5年ごとに倍増し、2025年に約300億ユーロに達すると見込む。

自動運転関連技術の平均受注額は、2018~2019年だけでも約30億ユーロだ。コンチネンタルは、自動運転システムが力強く成長し、2019年に約20億ユーロの売り上げを達成すると予想している。

またコンチネンタルは、電動モビリティによるパワートレイン部門の収益性の高い成長を目指す。コンチネンタルは、エレクトロニクス、センサー、アクチュエーターの分野におけるノウハウに基づいて、高電圧コンポーネントと電動化ソリューションを手がけている。パワートレイン事業の受注は、2018年に約110億ユーロに達した。そのうち約20億ユーロは、電動モビリティ部門によるもの、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルのドライブコントロールユニットのイメージ
  • コンチネンタル本社(独ハノーバー)
  • コンチネンタルのパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーのブランドイメージ
  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ