バックアイカメラが作業者を認識、新明和が塵芥車巻き込まれ被害軽減装置を発売

バックアイカメラ画像の検出エリアに入った人物の頭部周辺、または装着した指定色を検出・追跡
バックアイカメラ画像の検出エリアに入った人物の頭部周辺、または装着した指定色を検出・追跡全 3 枚写真をすべて見る

新明和工業は、塵芥車用巻き込まれ被害軽減装置「スマート アイ モーション」を開発し、10月1日から販売を開始した。

塵芥車では、積込作業中に人が巻き込まれる傷害・死亡事故が発生することがあるほか、少子高齢化による労働力・熟練者不足など、作業中に発生する事故の抑制・労働環境の改善は大きな課題となっている。事故抑制については、物体を検出するセンサやICタグを遠隔検出する装置等で塵芥車の積込作動を自動停止させる仕組みはあるものの、装置が高価であったり、投入物と人物を区別できず不意の作動停止等で作業効率が下がってしまうことから市場に広がっていない。

開発品は、画像認識技術を利用したもので、人が塵芥車に巻き込まれる危険性があると判定した時に、積込作動を自動停止して巻き込まれ被害を軽減。装置に人物の頭部周辺の特徴をあらかじめ学習させ、そのデータとバックアイカメラの映像を照合し、人物のみを検出する。また、特定の色を検出する機能も備え、あらかじめ登録した色の手袋や靴を作業者が着用することで、手足等の巻き込まれ被害も軽減できる。

価格(税別)は35万4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新明和 G-PXシリーズ(参考画像)
  • チャンギ空港のフルオート搭乗橋
  • ダイヤモンドコーティング装置
  • G-RX(2トン車級)の新モデル
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}