2019年度のグッドデザイン賞に相鉄12000系と広島電鉄5200形…相鉄は2年連続の受賞

東京都心直通と相鉄沿線の地域性を両立させたことなどが評価された相鉄12000系。昨年度の20000系に続き、ヨコハマネイビーブルーの車体が選ばれた。
東京都心直通と相鉄沿線の地域性を両立させたことなどが評価された相鉄12000系。昨年度の20000系に続き、ヨコハマネイビーブルーの車体が選ばれた。全 2 枚写真をすべて見る

公益財団法人日本デザイン振興会が選定する2019年度のグッドデザイン賞に10月2日、相模鉄道(相鉄)の12000系と広島電鉄の5200形「グリーンムーバーエイペックス」が選ばれた。

4月にデビューした相鉄12000系は、11月に開業する相鉄・JR直通線向けに横浜市の総合車両製作所が手がけた車両で、相鉄側では「古びない、普遍性のある、醸成するデザイン」として、日常的に利用する鉄道車両に安全と安心、エレガントさを与えるデザインを数年をかけて「実直に」取り組んできたという。

これに対し審査委員は「通勤型車両としては珍しく、強い自己主張が感じられる挑戦」「車内外のパーツひとつひとつも利用者本位で丁寧に作り込まれており、他社との差別化が見事に図られている点」などを評価。東京都心直通と相鉄沿線の地域性を考慮した「アイデンティティを感じる車両」とした。

相鉄車のグッドデザイン賞受賞は、2018年度の相鉄・東急直通線用20000系に続くもので、2年連続となった。

一方、近畿車輛などが手がけた広島電鉄の5200形は3月にデビュー。5車体3台車の超低床電車で、広島電鉄の未来イメージにつながる車両としてモノトーンを基調にグリーンのアクセントを入れた車体デザインとされた。

これに対し審査委員は「周回遅れの先端的都市交通システムとなっている路面電車の進化には今後も期待したい」とし、インバウンド観光客向けに設置された多言語案内表示や車体デザインなどを評価した。

広島電鉄のグッドデザイン賞受賞は、2005年度の5100形「グリーンムーバーマックス」以来となる。

なお、10月31日には特別賞にあたるグッドデザイン大賞、グッドデザイン金賞、グッドフォーカス賞が発表されることになっているが、これらはグッドデザイン賞と同時に選定された「グッドデザイン・ベスト100」から選ばれることになっており、そのひとつに西武鉄道(西武)の001系が入っている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV