ガレージハウス「ガレント練馬大泉ライダース」完成…ホビーや動画配信など使い道様々

バイク車庫としてのみならずホビースペースとしての可能性も!ガレント練馬大泉ライダース
バイク車庫としてのみならずホビースペースとしての可能性も!ガレント練馬大泉ライダース全 10 枚写真をすべて見る

賃貸ガレージハウスを展開する株式会社ガレントコーポレーションは、バイクユーザー向けの「ガレント練馬大泉ライダース」を完成させた。

ガレントとしてライダース向けの物件は今回で2例目となる。外環道や、関越道へのアクセスも良く、国道254号線なども近いので、バイクでの移動なら、郊外へのツーリングも、都心へのアクセスも良いところに立地している。

大型二輪も3台以上が保管可能で、パーツや工具、ヘルメットなどのアクセサリーなどを保管するのに便利なバックスペースもあって、広さだけではない使い勝手も含めて構成されたガレージスペースはライダーを喜ばせる。

ガレージスペースの奥から、2階の居住スペースに上がれるようになっている。こちらの広さ、また、セキュリティやなども、ガレージメインの賃貸物件だからと妥協することなく、ここに拠点を設けるライダーの使い勝手を考えた作りになっている。

ただ、ガレントによれば、他にもいろんな使い方があるのではないか、と話す。「バイクの駐車スペースと言えば、雨ざらしのスペースのところも少なくないのが現状です。施錠もできて照明も電源も取れるこのスペースなら、ちょっとしたメンテナンスなど作業もできますし、広さもありますので、バイク仲間同士愛車を持ち寄って充実のひと時を過ごして頂くこともできることでしょう」。

「けれども、実はいろんな趣味の方にも注目していただける物件に仕上がっています。例えば、鉄道模型の大型レイアウトを設置して仲間内で走行会を開催するのも可能でしょう。最近では、動画配信をされている方も増えてきました。電源も取れますし、照明を自在にアレンジできるようにもなっていますので、そうした動画コンテンツの配信スタジオなどにも活用していただけるかもしれませんね」

「ライダーの方はアクティブな方が多いです。そんな方にはもちろん、バイクの保管場所としてのみならず、様々な可能性を見出していける物件としてご紹介したいと思っています」とガレントコーポレーションでは話す。

来る10月5・6日の2日間、この「ガレント練馬大泉ライダース」と、同時期に完成したばかりの「ガレント越谷大袋」の新築2物件のオープンルームが開催され。募集を開始すると、早々に入居者が決まることも少なくない。

《中込健太郎》

この記事の写真

/

ピックアップ