ハーレー、シェア41.4%で過去最低を更新…輸入小型二輪車販売 2019年度上半期

ハーレーダビッドソン・アイアン1200
ハーレーダビッドソン・アイアン1200全 1 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は10月4日、2019年度上半期(4~9月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比2.1%増の1万1560台で、2年ぶりに前年を上回った。

ブランド別ではハーレーが同1.0%減の4748台で2年連続のマイナス。シェアは41.4%で前年から1.3ポイントダウン、2010年の統計開始以来過去最低となった。2位のBMWは同1.1%減の2634台で、3年連続のマイナス。シェアは0.7ポイントダウンの22.8%となった。

以下、3位トライアンフは同22.1%増の1123台。4位ドゥカティは同3.0%減の1119台。5位KTMは同8.0%増の969台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  3. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  6. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  7. トライアンフが『ボンド・エディション』を発表…007新作スタントシーンを記念
  8. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
ランキングをもっと見る