極東開発、新型コンクリートポンプ車発売へ 国内最長26メートル級ブーム搭載

極東開発 Hyper CP スクイーズクリート PH80A-26C
極東開発 Hyper CP スクイーズクリート PH80A-26C全 4 枚写真をすべて見る

極東開発工業は、国内最長・最強スペックの26メートル級ブームを搭載した新型コンクリートポンプ車「Hyper CP スクイーズクリート PH80A-26C」を開発し、10月15日より発売する。

新機種は、国内唯一となる大型車架装のスクイーズ式コンクリートポンプ車で、車両総重量16トン級(積載8トン車級)の大型ショートホイールベースシャシの採用や、バランスを考慮したポンプ・ブームユニット等のレイアウト設計で、大幅なコンパクト化を実現。都市部をはじめスペースに制限のある現場にも対応可能な高い機動性を確保している。

また、スクイーズ式で国内最長となる26m級M型4段屈折ブームを搭載。ポンプユニットの油圧システムの最適化で、実用域での圧送能力が従来機に比べ約17%向上したことにより、高効率かつ余裕のある打設を実現したほか、スクイーズ式の特長である「残留コンクリートゼロ+低騒音」という高い環境性能も兼ね備えている。

ブームに掛かる荷重をサスペンション機能により軽減し、揺れを抑える独自開発の制振装置(KAVS)を搭載。耐久性アップとオペレータの負担低減を実現し、作業環境の向上に寄与する。

価格(消費税別・シャシ価格込み)は6400 万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パワーゲート V型プレスゲート(V600)、プラットホームサイズW1570×H870
  • ゴミ収集車安全支援システム「KIES」
  • 自動吸水式 新型「スーパー散水車」
  • 極東開発 新型「土砂ダンプトレーラ (リンク式 ・ GVW36t)」
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV