「恐怖の地下鉄」登場、ハロウィンの日に大阪メトロが異世界と繋がる[動画]

Welcome to Osaka DARK Metro
Welcome to Osaka DARK Metro全 2 枚写真をすべて見る

大阪メトロは、”恐怖の地下鉄”を描いたハロウィン限定コンテンツ「Welcome to Osaka DARK Metro」を10月9日より公開した。

Osaka DARK Metroは、異世界を不気味に走っている“恐怖の地下鉄”。普段、表の世界に姿を見せることはないが、ハロウィンの時にだけ大阪メトロの駅がOsaka DARK Metroへの入り口になるという。

動画は、ハロウィンの日、恐怖の地下鉄Osaka DARK Metroが現れ、そこで働く駅員が、看板に電気をつけるシーンから始まる。駅長が登場すると、狂気じみた語り口で大阪市民をOsaka DARK Metroへ招待すると言い放ち、向こうの世界での一日の様子を映し出す。そこに登場するのは、Osaka DARK Metroに迷い込んでしまった1人の女子高生。女子高生に襲い掛かるのは、様々な恐怖体験だ。不気味な地下鉄におびえながらも、電車に乗ろうと進んでいくと、駅の改札機から無数の手が掴みかかってきたり、電車に乗ることができたと思ったら檻に閉じ込められたりと、恐怖に叫びっぱなし。一体女子高生はどうなってしまうのか……。意味深なラストシーンにも注目だ。

大阪メトロでは、改札とホームは野田阪神駅、車両内やオープニングシーンは中百舌鳥検車場でムービーを撮影。実際に車両を走らせての撮影も行い、よりリアルさを追求。大阪メトロ初となるハロウィン動画は、最恐の作品となっている。

また大阪メトロでは、Osaka DARK Metroの世界感を実際に体感・体験できる特別列車「Osaka DARK Metro LINER」を10月26日に2回運行。各回30名限定で10月14日まで申込みを受け付けている。さらに恐怖の地下鉄「Osaka DARK Metro」の公式サイトも公開し、駅や電車に駅や電車に掲出するポスター、リアルイベント等の詳細を紹介。驚き仕掛け満載の「走るWEBサイト」で、最恐のおもてなしを味わうことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 明治時代中期に設立された近江鉄道には歴史を感じさせる駅も多い。写真は2017年8月に再生された大正建築の日野駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 上総中野駅に並ぶ小湊鐵道(右)といすみ鉄道の気動車(左)。黄色い車両は、現在は運行されていないいすみ鉄道の「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • 「先進的でスピード感ある車体形状とそれを際立たせるメタリック塗装」とした80000系『ひのとり』の外観。
  • 高輪ゲートウェイ駅を俯瞰した全景(11月時点)。アクセントとなる大屋根は折り紙をモチーフにした障子をイメージしたという。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/13/327561.html/article/2019/10/13/327560.html/article/2019/10/13/327562.html