東京臨海副都心エリアでMaaSの実証実験 ナビタイムなど予定

東京ビッグサイト
東京ビッグサイト全 5 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパン、ドコモ・バイクシェア、ジャパンタクシー、東京臨海高速鉄道、東京臨海副都心まちづくり協議会、KDDIは、東京都が公募した「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」に採択され、2020年1月より、東京臨海副都心エリアにて、MaaSの実証実験を行う。

実証実験では、デマンド型シャトルやシェアサイクル、りんかい線を組み合わせ、東京臨海副都心エリアにおける、交通渋滞の解消や交通不便地域の快適な移動を目指す。また、観光客の観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上という課題に対し、多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。

専用MaaSアプリは、マルチモーダル経路探索エンジンによる、鉄道などの公共交通機関とデマンド型シャトル、シェアサイクルを組み合わせたシームレスで最適な経路を提案。また、鉄道やシェアサイクルのキャッシュレス決済、観光コンテンツやクーポン提供などの機能も備える。

実証実験では、観光客の行動変化やニーズを把握して、課題解決や新たなサービス創出など、MaaSの商用化に向け、アプリの経路検索条件データやGPSデータなどの移動ビッグデータの分析も行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ナビタイム着せ替えアイテムに「はらぺこあおむし」登場
  • 地図アプリ「ここ地図」、自転車ルートを追加
  • ナビタイム、2019年度は356本の新規開通道路に即日対応
  • ルート検索結果画面:通行止め期間中と平常時の両ルートが同時に表示される
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ