OKI、高圧電源対応のEV車載機器向けEMC電波暗室を増設

双方向高電圧DC電源対応「第六車載電波暗室」
双方向高電圧DC電源対応「第六車載電波暗室」全 1 枚写真をすべて見る

OKIエンジニアリング(OEG)は、埼玉県本庄市のカーエレクトロニクステストラボ内に「第六車載電波暗室」を新設し、10月16日より稼働を開始。EV(電気自動車)車載機器向けのEMC受託試験サービスを拡大する。

EMCは電磁的両立性であり、EMI電磁妨害とEMS電磁耐性とからなる。EMC試験は、供試体の電子機器から電磁的ノイズを発生し他に妨害を与えないこと(EMI試験)、および外部からの電磁波で供試体の電子機器が影響を受けないこと(EMS試験)を確認する試験だ。

車載機器市場では、EV化により、バッテリーやインバーターの大型化・高電圧化が加速。自動車開発現場では、厳しい電磁環境下でも車載電子機器が故障や誤動作を起こさないよう、電磁波影響を事前に確認する必要性が高まり、最新技術に対応したEMC試験設備と高度なスキルをもった専門家による対応の需要が急増している。

新設した第六車載電波暗室は、バッテリーやインバーターの大型化・高電圧化に対応した双方向高電圧DC電源(1000V/±80A/30kW)と不凍液による冷却設備を充実させた車載機器EMC試験環境を整備すると同時に、高度なスキルを有した技術者を配備した。

OEGでは、2017年4月よりカーエレクトロニクステストラボにて、車載機器に特化した信頼性試験サービスとEMC試験を融合したワンストップサービスを提供しており、電磁波、温湿度、水・塵(IP試験)、泥水・塩水、振動・衝撃への耐性を幅広く確認可能。今回の増設により、OEGが保有するEMC試験が可能な電波暗室は計15室となった。

OEGは、今後も進化する次世代モビリティに対応した設備投資と試験技術開発を進め、車載機器開発メーカー向け信頼性試験サービス事業で、2020年度に2018年度比3割増の売上を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  5. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
  6. 進む阪神・大阪梅田駅の改良工事…新1番線ホームが完成、ホーム拡幅への第1歩 10月30日
  7. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  8. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  9. ホンダ フィット クロスター、フロントロアガーニッシュが脱落するおそれ 自主改善へ
  10. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
ランキングをもっと見る