瀬戸内のいろいろを紹介したい…山陽本線・呉線の新観光列車名は「etSETOra」に 2020年秋頃登場

「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区の山陽本線・呉線に投入される新観光列車「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区の山陽本線・呉線に投入される新観光列車「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は10月16日、山陽本線(尾道~宮島口)・呉線へ2020年秋頃に投入する新たな観光列車の名称を「etSETOra」(エトセトラ)に決定したと発表した。

この観光列車は、キハ47形一般型気動車2両編成を改造。せとうちエリアへ投入されることから、車体は瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる。

ラテン語の「エトセトラ(et cetera)」は「その他いろいろ。等々。…など。」を意味するが、これをなぞらえて「瀬戸内が次から次に紹介したくなる魅力に溢れていること」を列車名の「etSETOra」に表現したという。

2020年10~12月に広島県内各地やその周辺地域で開催される「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」に合わせて登場することになっており、現在の観光列車「瀬戸内マリンビュー」は、「etSETOra」の登場を機に運行を終了する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV