後付け急発進抑制装置の先行個別認定を開始 認定基準の整備にさきがけて

ペダル踏み間違い時加速抑制装置の試験イメージ
ペダル踏み間違い時加速抑制装置の試験イメージ全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は、後付け急発進抑制装置(ペダル踏み間違い時加速抑制装置)を国が認定する、先行個別認定を開始すると発表した。

昨今の事故情勢を踏まえた交通安全対策に関する関係閣僚会議では、未就学児、高齢運転者の交通安全緊急対策として「既販車への後付け安全運転支援装置の性能認定制度の創設と2020年度からの実施を検討すること」とされた。

国土交通省はこれを踏まえて、後付けの急発進等抑制装置の性能認定制度について2019年度内に認定基準を整備する検討を進めている。

一方で、この間にも様々な製品の販売が進んでおり、消費者が正しく理解した上で適切に選択して使用していくためには、情報提供の充実が重要。このため、市販されている後付けの急発進抑制装置について申請に基づき技術的な調査・確認し、一定の機能を持つと認められるものについて、国が認定するとともに、使用上の注意点について広く情報提供する「先行個別認定」を実施する。

10月16日から11月5日まで申請を受け付ける。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 事業に使う車両
  • (イメージ)
  • 台風19号の被害(10月15日)
  • 日産NV200(東京モーターショー2019)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/17/327686.html/article/2019/10/17/327685.html/article/2019/10/17/327687.html