【MotoGP 日本GP】Moto2のエンジン技術で進化した、新型ストリート トリプルRSを展示…トライアンフブース

MotoGP 日本GP トライアンフブース
MotoGP 日本GP トライアンフブース全 15 枚写真をすべて見る

いよいよ決勝日を迎えた、ツインリンクもてぎで開催されている「2019 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」。トライアンフブースでは、11月中旬に発売予定の『ストリート トリプルRS』の新型が2種類のカラーリングをまとい展示されている。

前モデルには、2019年シーズンのMoto2マシンのエンジンと同一スペックの765ccトリプルエンジンが搭載されている。今回開発された新型RSのエンジンは、Moto2マシンのエンジン開発による最新技術がフィードバックされた。中回転域のトルクが9%向上し、イナーシャーの低減によるレスポンスの改善によってパフォーマンスが向上した。最大出力123ps、最大トルク79Nmを発生する。

エンジン開発に合わせて足回りも見直されており、ショーワ製のフロントフォークとオーリンズ製のリアダンパーによって、安定した走りを実現。ブレンボ製のブレーキも装着され、サーキット走行も対応可能なスペックだ。

また、新しい形状が採用されたLEDヘッドライトをはじめとして、エクステリアも一新された。最上位モデルとなるRSには第2世代のTFTディスプレイが採用、視認性の向上だけでなくコネクティビティの機能もブラッシュアップされた。

《後藤竜甫》

この記事の写真

/

ピックアップ