アバルト 595コンペティツィオーネ、限定車「スティーレ」発売へ 通常タイプのスポーツシート採用

アバルト 595コンペティツィオーネ スティーレ
アバルト 595コンペティツィオーネ スティーレ全 8 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アバルト『595コンペティツィオーネ』に通常タイプのスポーツシートを採用した限定車「スティーレ」を設定し、10月26日より255台限定で発売する。

ベースとなった595コンペティツィオーネは、595シリーズで最も高性能なスポーツモデル。最高出力180psの高出力エンジンをはじめ、スポーツサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」などを採用。シートには体を包み込むようにホールドするサベルト社製スポーツシートを採用している。

限定車は、このシートに代えて、『595/595Cツーリズモ』と共通のサイドサポート部分の張り出しの小さい、通常タイプのスポーツシート(ブラウンのフルレザー仕様)を採用。乗り降りのしやすさや普段使いにおける使い勝手に重きを置いたことから、イタリア語で「Style」を意味する「Stile(スティーレ)」という呼称が与えられている。

ボディカラーは、595コンペティツィオーネには設定されていない「ロッソアバルト(レッド)」に加え、「ビアンコ ガーラ(ホワイト)」と「グリジオレコード(グレー)の3種を設定。トランスミッションはベース車同様、ATモード付5色シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速マニュアルトランスミッションを選択できる。

価格はMT車が378万円、MTA車は395万円。ベース車より5万円安となっている。限定販売台数は各カラーともMTが40台、MTAが45台。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV