プジョーとシトロエンの小型商用車にEV 、2020年欧州発売へ…PSAが電動化戦略を加速

プジョー・エキスパートのEV
プジョー・エキスパートのEV全 3 枚写真をすべて見る

PSAグループ(PSA Group)は2020年に、プジョー『エキスパート』とシトロエン『ジャンピー』のEVを欧州で発売すると発表した。

プジョーエキスパートとシトロエンジャンピーは、PSAグループの主力商用車だ。今回の発表は、2021年から乗用車と小型商用車の全モデルに、電動パワートレインを設定するというPSAグループの電動化戦略を加速させるものとなる。

プジョーエキスパートとシトロエンジャンピーのEVには、蓄電容量50kWhと70kWhの2種類のバッテリーが用意される。1回の充電での航続は、蓄電容量50kWh仕様が200km、蓄電容量75kWh仕様が300km(いずれもWLTP計測)となる。

プジョーエキスパートとシトロエンジャンピーのEVは、「EMP2」プラットフォームをベースとする。PSAグループは、電動パワートレインと車両の組み立ては、フランス国内で行う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー 508 プジョースポール・エンジニアード
  • 80年代の名車トップ5
  • Peugeot x TOTAL Le Mans Hypercar
  • プジョー、シトロエン、DSオーナー向けの純正アフターパーツ「ユーロレパー(EUROREPAR)」
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV