フォーミュラE 参戦2季目は王座を狙う…日産の2019/2020シーズンのマシンカラーは「和」がテーマ

日産がフォーミュラE“シーズン6”のマシンカラーリングを披露した。
日産がフォーミュラE“シーズン6”のマシンカラーリングを披露した。全 12 枚写真をすべて見る

22日の夕刻~夜、フォーミュラEに参戦する日産(Nissan e.dams)が横浜のグローバル本社で「シーズン6 キックオフ イベント」を開催。11月に始まる参戦2季目、シーズン6(2019/2020シーズン)のマシンカラーリングを披露するなどした。

日産は昨季(シーズン5=2018/2019シーズン)から日本の自動車メーカーとして初めてフォーミュラEに参入。参戦初季はセバスチャン・ブエミが1勝してドライバーズランキング2位、オリバー・ローランドは2度の表彰台獲得でランキング10位となり、チーム部門でも4位という良好なシーズン総合成績を得た。

そして参戦2季目となるシーズン6(19年11月開幕予定)にも、日産はブエミとローランドのコンビを継続して戦うことを表明済みだ。フォーミュラEはドイツ勢を中心に自動車メーカーのワークス参戦開始(あるいはワークス参戦移行)の動きが活発化し、シーズン6はアウディ、BMW、メルセデス、ポルシェとビッグブランドが居並ぶことに。そのなかで日産がどんな存在感を示すのか、注目が集まっている。

10月中旬にはスペイン・バレンシアでの合同テストも実施されており、その直後、東京モーターショー開幕直前(プレスデー前日)というタイミングで、日産は国内外のプレスを多数集めて「シーズン6 キックオフ イベント」を開催した。両ドライバーや首脳らが一堂に会し、新カラーリングのお披露目等を実施している。

この日、初公開されたシーズン6の日産のマシンカラーは「和」がテーマ。着物に着想を得たもので、日産のレース活動を象徴する色である赤、黒、白の3色を着物のパターンのように重ねたものだという。折しもこの日は昼間、即位礼正殿の儀があり、着物が大きく注目を浴びた日ともいえ、絶妙なタイミングの重なりにもなったように思えるところ。

なお、シーズン6のマシンのパワートレーンはシングルモーターへと変更されている。昨季のデュアルモーターを後継し、レギュレーション変更(デュアル不可)に対応したものとされる。

日産のドライバーは新季もブエミとローランド。10月31日で31歳になるセバスチャン・ブエミ(#23)はスイス出身、年齢的にはまだ中堅だが、そのキャリアはベテランと評すに値する実力者で、かつてはF1で活躍、近年はフォーミュラEや世界耐久選手権(WEC)でマルチな活躍を演じ続けている。日本メーカーとの縁も強く、トヨタのWEC主戦ドライバーのひとりでもあり、2018年と2019年のルマン24時間レースを中嶋一貴らとともに連覇した。

フォーミュラEでは現在の日産のパートナー陣営であるe.damsがルノーと共闘していた時代からチームのエースとして大車輪の活躍。シーズン2(2015/2016シーズン)にはドライバーズチャンピオンに輝いており、通算最多勝記録を保持するなど、ブエミはフォーミュラEにおける最高実績ドライバーとも評せる存在だ。

日産での2季目に向け、ブエミは「昨季は(日産としての参戦初季に)ドライバーズランキング2位という素晴らしい成績を残すことができた。新シーズンの目標はチャンピオンになることだ」とステートメント上でコメント。この日のイベントでマイクを握った際には「参戦初季のうちに1勝できたことは大きい。我々はいいかたちで2シーズン目に向かえる」との旨を語り、流れの良さを強調していた。

英国出身27歳のオリバー・ローランド(#22)は昨季が自身初のフォーミュラEフル参戦だったが、日産に初表彰台をもたらすなど健闘。新シーズンには自身初優勝の期待も高い。ローランドは「再び日産のマシンをドライブし、さらに前進することが楽しみだよ」としている。

また、リザーブドライバーにも昨季同様、日本の高星明誠(たかぼし みつのり、2017年全日本F3王者で現在はSUPER GT/GT500クラス参戦中の26歳)が就いた。高星に訊くと、「ポルシェやメルセデスが加わって、フォーミュラEは一層コンペティティブになると思います。そこで結果を出すことが日産にとって重要であり、大変なことでもありますけど、チームはその実現に向かってフォーカスしています」との旨を語ってくれた。チームを後押しする立場から日産のさらなる前進に手応えを感じているようだった。

フォーミュラEの“シーズン6”、2019/2020シーズンは19年11月22~23日にサウジアラビアでの開幕連戦(第1&2戦)からスタートする予定だ。

なお、この席上、日産自動車の星野朝子副社長は2020年初夏に「ニッサン パビリオン」を期間限定でグローバル本社近隣のみなとみらい21中央地区60・61街区の一部にオープンすることを発表した。日産の革新的な商品や技術の展示を中心に、日産が描くモビリティの未来をインタラクティブに体感できる施設になるという。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/22/327864.html/article/2019/10/22/327863.html/article/2019/10/22/327865.html