デンソー有馬社長「24時間体制でソフトウェア開発力を強化」…東京モーターショー2019

デンソー 有馬浩二 社長 
デンソー 有馬浩二 社長 全 8 枚写真をすべて見る

デンソーの有馬浩二社長は10月24日、東京モーターショー2019会場で会見し、ソフトウェアの開発力を強化するため、2025年までに開発要員を1万2000人へ拡大し、24時間体制で取り組む方針を示した。

有馬社長は「電動車両の普及における課題のひとつがバッテリーの充電時間や寿命、航続距離。また自動運転が進むとECUによる演算量が格段に増えることにより、ECUの熱マネジメントが重要な課題となる」と指摘。

その上で「デンソーには60年にわたり磨き続けてきたカーエアコンを始めとする熱マネジメントの技術がある。デンソーだからこそできる車両全体の効率的なエネルギーマネジメントで航続距離25%延長、バッテリー充電時間を3分の1に短縮、バッテリー寿命を20%延長することを実現する」との目標を掲げた。

さらに「そしてスピードを上げてこれらを提供するためにはソフトウェア開発力の強化が大変重要。2025年までに世界全体でソフトウェア人材を1万2000人まで拡大する。またインドやベトナムを始め、世界中の拠点を活用し、大規模ソフトウェア開発を24時間体制でスピードを上げて、強力に進める」と述べた。

デンソーは東京モーターショー2019で「未来のモビリティ社会を創る実現力」をテーマにセーフティ、エネルギー、コネクティッドの各ソリューションごとに製品、技術展示している。

このうちセーフティではデンソーの画像センサーやミリ波レーダーの性能をプロジェクションとミニカーを用いて体験できるようになっている。またARミニモックカーを通してクルマの内部に搭載されているデンソー製品の紹介も行っている。

《小松哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ