八戸線は全線再開まで2か月程度…BRTの一般道迂回は10月27日に解消予定 台風19号

10月24日時点の八戸線被災状況。盛土が流出した陸中八木~有家(うげえ)間。
10月24日時点の八戸線被災状況。盛土が流出した陸中八木~有家(うげえ)間。全 7 枚写真をすべて見る

JR東日本盛岡支社は10月24日、台風19号の影響により一部で運行を見合わせている八戸線や大船渡・気仙沼各BRTの被災状況を明らかにした。

階上(はしかみ)~久慈間で運行を見合わせている八戸線では、11か所で盛土流出、12か所で法面(のりめん)崩壊が発生しており、復旧までに2か月程度を要する見込みとしている。現在、同区間でバスによる代替輸送が行なわれている。

一方、大船渡線BRTでは土砂流入と路肩崩落が1か所ずつ発生しており、専用道を経由する小友~盛間では一般道経由に変更されているが、同区間は10月27日始発から専用道経由に戻る見込み。

2か所で土砂流入が発生している気仙沼線BRTでは、現在、専用道を経由する柳津(やないづ)~陸前港間を一般道経由に変更しているが、こちらも10月27日始発から専用道経由に戻る見込み。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。

ピックアップ