トヨタ、カーシェアおよび無人貸渡しレンタカーサービスの全国展開開始

トヨタ・アクア(参考画像)
トヨタ・アクア(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、トヨタ販売店/トヨタレンタリース店によるカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」およびトヨタレンタカーの新サービスとして無人貸渡しレンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を10月28日より開始した。

トヨタでは、「保有」から「利活用」へと、クルマに対する多様化する顧客ニーズに対応した移動サービスとして、「TOYOTA SHARE」を2019年1月から、「チョクノリ!」を同年5月から東京地区を中心に実証実験を実施してきた。今回、実証実験を通じユーザーから届いた意見を踏まえ、全国共通制度を構築するとともにアプリ・デバイスを開発。今後、準備が整ったところから開始し、トヨタ販売店・レンタリース店を中心に順次拡大していく予定だ。

TOYOTA SHAREは、トヨタ販売店/トヨタレンタリース店が運営する全国共通のカーシェアサービス。入会金・月会費無料(立ち上がりは無料キャンペーンを実施)、お得に短時間から利用できる料金設定で、コンパクトカーやミニバン、SUVなど、トヨタならではの幅広い車種ラインアップを設定する。

専用アプリの開発に加え、スマホアプリ操作により車両の解錠施錠を可能にする「Smart Key Box(SKB)」やカーシェア運用に必要な車両情報(位置情報・走行距離)を取得する通信機「TransLog II」といったデバイスを開発。スマホがあれば、会員登録からクルマの解錠施錠、返却・精算まで利用できる。さらに今後は、決済手段の多様化や、クルマの使い方に応じたポイント付与、法人向けカーシェア等、サービスを拡充していく予定だ。

利用可能時間は最短15分から最長72時間。利用料金(ベーシッククラス)はショート料金が15分200円から、パック料金は6時間3800円からなど。

チョクノリ!は、トヨタレンタカーの品質・料金はそのままに、完全無人での貸渡により、貸渡・返却手続き時間を短縮した新サービス。TOYOTA SHARE同様、全国共通サービス制度を構築するとともに専用アプリ・新デバイスを利用し、よりスムーズな利用を実現する。

利用可能時間は最短3時間から最長1か月。利用料金は3時間3850円から(P1/HV1クラスのみ)、6時間5500円からなど。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  4. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  7. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備
  10. トヨタ タンドラ 新型、ランクル 譲りのV6ツインターボ搭載 …米国発表
ランキングをもっと見る