トヨタ、カーシェアおよび無人貸渡しレンタカーサービスの全国展開開始

トヨタ・アクア(参考画像)
トヨタ・アクア(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、トヨタ販売店/トヨタレンタリース店によるカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」およびトヨタレンタカーの新サービスとして無人貸渡しレンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を10月28日より開始した。

トヨタでは、「保有」から「利活用」へと、クルマに対する多様化する顧客ニーズに対応した移動サービスとして、「TOYOTA SHARE」を2019年1月から、「チョクノリ!」を同年5月から東京地区を中心に実証実験を実施してきた。今回、実証実験を通じユーザーから届いた意見を踏まえ、全国共通制度を構築するとともにアプリ・デバイスを開発。今後、準備が整ったところから開始し、トヨタ販売店・レンタリース店を中心に順次拡大していく予定だ。

TOYOTA SHAREは、トヨタ販売店/トヨタレンタリース店が運営する全国共通のカーシェアサービス。入会金・月会費無料(立ち上がりは無料キャンペーンを実施)、お得に短時間から利用できる料金設定で、コンパクトカーやミニバン、SUVなど、トヨタならではの幅広い車種ラインアップを設定する。

専用アプリの開発に加え、スマホアプリ操作により車両の解錠施錠を可能にする「Smart Key Box(SKB)」やカーシェア運用に必要な車両情報(位置情報・走行距離)を取得する通信機「TransLog II」といったデバイスを開発。スマホがあれば、会員登録からクルマの解錠施錠、返却・精算まで利用できる。さらに今後は、決済手段の多様化や、クルマの使い方に応じたポイント付与、法人向けカーシェア等、サービスを拡充していく予定だ。

利用可能時間は最短15分から最長72時間。利用料金(ベーシッククラス)はショート料金が15分200円から、パック料金は6時間3800円からなど。

チョクノリ!は、トヨタレンタカーの品質・料金はそのままに、完全無人での貸渡により、貸渡・返却手続き時間を短縮した新サービス。TOYOTA SHARE同様、全国共通サービス制度を構築するとともに専用アプリ・新デバイスを利用し、よりスムーズな利用を実現する。

利用可能時間は最短3時間から最長1か月。利用料金は3時間3850円から(P1/HV1クラスのみ)、6時間5500円からなど。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ライズ
  • 米国アラバマ州のトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ(TMMAL)
  • 熊本県津奈木町、7月7日
  • トヨタ カローラ クロス
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ