新型『eKスペース』で間違いナシ!? 三菱 スーパーハイト軽ワゴンコンセプト…東京モーターショー2019[詳細画像]

三菱 スーパーハイト軽ワゴンコンセプト(東京モーターショー2019)
三菱 スーパーハイト軽ワゴンコンセプト(東京モーターショー2019)全 21 枚写真をすべて見る

三菱自動車が「東京モーターショー2019」の目玉とした1台が、『SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』だ。コンセプトと銘打ってはいるが、新型『eKスペース』と見て間違いないだろう。新世代軽自動車の第2弾として、年度内に発売することが明かされている。

三菱の軽自動車では先行して『eKクロス』に採用された「ダイナミックシールド」コンセプトを盛り込んだ、三菱らしいSUVテイストが特徴だ。

サイドビューは、ロングホイールベースを活かしたキャビンシルエットと、彫刻的で動きのあるキャラクターラインで力強さを表現。サイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラックにし、SUVらしさを強調している。ホイールやボディ色はコンセプトカー然としたものだが、それ以外はほぼ市販モデルと思われる。

スーパーハイトワゴンならではの広い居住空間は、特に後席スペースを最大化。スライドドアによるリヤドア開口部と後席足元空間はクラストップレベルを謳う。

インテリアはブラウンを基調とし、オレンジの差し色を散りばめた。シートは合成皮革とダイヤキルティングを組み合わせ、上質感を演出する。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/29/328175.html/article/2019/10/29/328174.html/article/2019/10/29/328176.html