ヤマハ3輪の真打ちか、「トリシティ300」はよく見ると全く違う…東京モーターショー2019[詳細画像]

ヤマハ トリシティ300(東京モーターショー2019)
ヤマハ トリシティ300(東京モーターショー2019)全 18 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機がバイクの自動運転化や、電動化と並んで力を入れているのが、独自の構造を持つ前2輪の3輪バイク「LMW(リーニング・マルチ・ホイール)」だ。「東京モーターショー2019」で世界初公開となったのは新型『トリシティ300』。300ccエンジンを搭載したトリシティシリーズの“真打ち”とも言えるモデルだ。

今回は「参考出展車」とのことで、明かされている情報は少ない。ヤマハは「都市交通の移動ツールとして開発したミドルクラスのLMW。専用設計のLMW機構とBLUE COREエンジンの組み合わせで、安定感としなやかさ、快適で質感の高いコミューティングを実現します」とのみ説明している。

公式サイトでは、エンジン形式が水冷、4ストローク、SOHC、4バルブ、単気筒、総排気量が292cm3のフューエルインジェクションであること。トランスミッションがVベルト式CVTで、車重が239kg、燃料タンク容量が13リットルであることのみが記されている。

一見、従来のトリシティ125/155と同じように見えるが、実はサイズ感、デザインの細部はかなり異なり、差別化が図られている。大排気量スポーツのナイケンと、都市型コミューターのトリシティ125/155のちょうど中間を埋めるLMWと考えて良さそうだ。

『ナイケン』にも通じる、地面に食らいつくようなフロントのシルエットは共通ながら、ヘッドライト、ウィンカー、シールドのサイズ、前2輪のカウルとも刷新。シートもよりたっぷりとしたサイズになっており、排気量アップに合わせて、より長距離型に進化したイメージとなっている。

詳細の発表は、11月初旬に開催されるミラノショー(EICMA)か。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ