ヤマハファン注目の的、「テネレ700」はダカール由来の本格アドベンチャー…東京モーターショー2019[詳細画像]

ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)全 32 枚写真をすべて見る

「東京モーターショー2019」で、ヤマハファンの関心を集めたのが『XT660Z』の後継モデルとして日本初公開となったヤマハ『テネレ700』だ。2018年のミラノショーでワールドプレミアとなったテネレが、待望の日本上陸を果たした。

テネレ700は、689ccの水冷直列2気筒270度クランクエンジンを軽量ボディに搭載した、アドベンチャーツアラー。車名の「テネレ」は、往年のパリダカール・ラリーの主戦場であったサハラ砂漠中南部に位置する地帯の名前。その名からも走破性の高さをイメージさせる。

乗車姿勢自由度の高い車体、耐久性や整備性の高さ、荷物積載時の高い適応力など、オフロード+アドベンチャー+ツーリングの各要素を高次元でバランスさせた。

さまざまな軽量化技術を投入した車体は、単気筒だったXT660Zと比べても約10kgの軽量化を実現。足まわりは前輪21インチ(90/90R21)、後輪18インチ(150/70R18)で、インナーチューブ径43mmのKYB製倒立フォークは210mm、ピギーバックスタイルのリザーバータンクを持つリアショックは200mmのストローク量を持つ。

4灯式の特徴的なヘッドライトもダカールレーサーを彷彿とさせるもの。上2灯がロー、下2灯はハイビームで、横長のランニングライトとともに個性的なフロントマスクを演出している。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV