ストレッチされた謎のVW ティグアン、その正体は新型EV?

自動車 ニューモデル 新型車
シュコダ ヴィジョンE 市販型 テストミュール スクープ写真
シュコダ ヴィジョンE 市販型 テストミュール スクープ写真 全 9 枚 拡大写真
VWのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ティグアン』らしき謎の開発車両を発見、グループ傘下の新型EVクロスオーバーテスト車両と判明した。

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーをカモフラージュし、Bピラーをストレッチしている。カメラマンによると、VWグループ傘下「シュコダ」が2017年上海モーターショーにて初公開したコンセプトカー、『ヴィジョンE』市販型のテストミュールだという。

市販型では、VWが2018年に発表した次世代EVモジュラープラットフォーム「MEB」を採用、VWのEVクロスオーバーSUV『ID.CROZZ』と兄弟モデルとなる。開発車両には電気モデルを表す「Elektrofahrzeug」のステッカーがみられることからもEVと判断できるほか、ティグアンより長いホイールベースとなることは確実だ。

コンセプトモデルでは、2基の電気モーターに電力を供給する83kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載、このセットアップにより最高出力306psを発揮する。また0-100km/h加速は5.9秒、最大航続距離は310マイル(500km)を可能にし、30分で80%の充電が完了するとされている。しかし、発表から2年が経過することから、市販型では全ての性能が向上すると予想される。

『Eniaq』と『Enyaq』が商標出願されていることから、市販型車名はこの2つが有力とされており、チェコの「ムラダー・ボレスラフ」工場で生産、2020年から発売が予定されている。

ストレッチされた謎のVWティグアン発見...あのEVクロスオーバー市販モデルと判明!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV