話題のE-BIKEが勢揃いした日本最大規模のスポーツ自転車展示会、サイクルモード2019

シマノのE-BIKEユニットSTEPSを積んだメリダのフルサスペンションバイク
シマノのE-BIKEユニットSTEPSを積んだメリダのフルサスペンションバイク全 27 枚写真をすべて見る

日本最大のスポーツ自転車の展示試乗会、サイクルモードインターナショナル2019が11月2~4日の間、幕張メッセで開催された。

15回目を迎えたサイクルモード。ロードバイクをはじめ、クロスバイクやマウンテンバイク、話題のE-BIKEなど、多くのスポーツ自転車が一堂に会するスポーツ自転車の祭典ともいえるイベントである。今年は「ソトアソビ」をテーマに各ブースとも、自転車を活用した新しいアウトドアスタイルの展示が多く行われた。

シマノのブースでは土や砂利を用い、実際の使用イメージが湧くようなユニークなバイク展示を実施。近年、流行の兆しを見せるグラベルロードや前後サスペンションを搭載したE-MTBなど、バリエーションに富んだスポーツ自転車が勢揃い。シマノ製のE-BIKEユニット、STEPSを搭載した各モデルも展示され、自転車でどのように遊ぶのかにフォーカスを当てたブースとなっていた。

ボッシュのユニットを搭載したフルサスペンションE-MTBボッシュのユニットを搭載したフルサスペンションE-MTB
ボッシュやヤマハといったE-BIKEユニットを製造する各社も出展。ボッシュでは来年春先から発売を開始するというアメリカのトレック社のフルサスペンションE-MTB、Rail9.7やドイツのコラテック社のE-POWER X VERT CX-PといったE-BIKEを展示していた。

ヤマハでは参考出品としてフルサスペンションのE-MTB、YPJ-MTBフルサスコンセプトを展示。フレームはダウンチューブが二つに割れており、そこにバッテリーを搭載する設計となっている。

ランドローバーイヴォークにMTBを載せて展示。山に遊びに行きたくなるランドローバーイヴォークにMTBを載せて展示。山に遊びに行きたくなる
ランドローバー、スバルといった自動車ブランドもブースを展開。ランドローバーではレンジローバー イヴォークにMTBを積載。スバルブースではレヴォーグにロードバイクを積載させ展示。どちらもクルマ×自転車により広がる楽しみ方を来場者に提案する内容となっていた。

また併催として、幕張メッセの外では日本のプロロード選手によるレースが見られるJBCF幕張クリテリウムも開催。目の前をハイスピードで選手が駆けぬける様子は迫力満点。気軽にトップレベルのレースを観戦することができるとあって、多くの人で賑わっていた。

3日間に渡り多くの人が来場したサイクルモード2019。来年3月7日、8日には大阪万博記念公園にてサイクルモードライドOSAKAが開催される予定だ。

《釜田康佑》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV