【ボルボ S60 新型】諸費用込で月々6万7100円より、サブスクリプションに新プラン…スマボ

ボルボS60新型
ボルボS60新型全 3 枚写真をすべて見る

ボルボ・カー・ジャパンは、頭金なしでボルボ車を月々定額で利用できるリースプラン「SMAVO(スマボ)」を大幅に刷新し、「SMAVO 2/3(にいさん)」、「SMAVO 3/5(さんごう)」として新型『S60』より導入を開始する。

スマボとは「”スマ”ートに“ボ”ルボに乗れる」をコンセプトにしたリースプランの総称だ。ボルボ・カー・ジャパンでは2017年以降、様々なスマボプランを導入し、既に約4000件の契約を結んでいる。2019年1-9月の実績では、販売の約12%がスマボでの契約形態となっている。

今回新たに導入するのは3年契約2年しばりの「スマボ2/3」と、5年契約3年しばりの「スマボ3/5」の2タイプ。スマボ2/3は2年後から、スマボ3/5は3年後の初回車検時から車検代程度(約20万円)の清算金でボルボの新車に乗り換えできる。また登録諸費用や毎年の自動車税、メンテナンス費も込み。新たにタイヤ補償やボディ・ホイール傷補償、ドライブレコーダーなどがセットになった。

「S60 T4モメンタム」(車両本体価格489万円)の場合、スマボ2/3なら月々8万1800円×36回、スマボ3/5なら月々6万7100円×60回で利用可能。3年後残価50%、5年後残価30%を保証することで、代替時の残価リスクを無くすとともに、魅力的な月額料金を実現した。

なお他のボルボ車についても、2020年1月より展開していく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボV60
  • ボルボ S60 T5 Inscriptionのフロントビュー。実車は大変に伸びやかな印象で、そのイメージをなるべくトレースできるような焦点距離と角度で撮ってみた。
  • ボルボ S60 T8ポールスター・エンジニアード
  • ボルボ XC40
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV