JR東日本とみんなのタクシー、MaaS分野で提携

Ringo Passの概要
Ringo Passの概要全 2 枚写真をすべて見る

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、アプリを使ったタクシー配車サービスを展開するみんなのタクシーと、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)領域で提携することで合意した。提携開始時期は2019年度内。JR東日本が5日、発表した。

みんなのタクシーに出資している国際自動車、大和自動車交通、チェッカーキャブが保有するタクシー車両に備えている後部座席タブレットに表示されるQRコードを、JR東日本が実証実験を行っているスマホアプリ「Ringo Pass」で、予め読み取ることで、目的地到着後すぐに降車できる決済サービスを提供する。今回の提携でサービスに対応するタクシー台数は現在の約3600台から約9000台に拡大する予定。

JR東日本では、モニター企業数社の従業員を対象に「Ringo Pass」アプリでタクシーとシェアサイクルをスムーズに利用できるワンストップサービスの実証実験を実施し、商用化に向けて準備している。

「Ringo Pass」アプリを通じたタクシー利用の利便性向上を図る。また、JR東日本とみんなのタクシーは今後、MaaSの推進に向けて様々な連携を検討していく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 配車アプリの巨人「グラブ(Grab)」がついに日本上陸(写真はシンガポール)
  • MaaS受容性調査(3):東京23区で自家用車は必要ない?
  • MaaS受容性調査(2):東京23区で駅徒歩10分圏内に住んでいる人の割合は…
  • 株式会社フィリップス・ジャパン 戦略企画・新規事業開発部 シニアマネージャー 佐々木栄二氏
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/06/328439.html/article/2019/11/06/328438.html/article/2019/11/06/328440.html