上田電鉄別所線は11月16日、城下駅からの運行に…橋梁一部損壊の上田-城下間は目途立たず 台風19号

橋脚の一部が流され損壊した上田~城下間の千曲川橋梁。
橋脚の一部が流され損壊した上田~城下間の千曲川橋梁。全 3 枚写真をすべて見る

長野県上田市の上田駅と別所温泉駅を結ぶ別所線を運営する上田電鉄は11月5日、台風19号の影響で運行を見合わせている上田~下之郷(しものごう)間のうち、城下~下之郷間を11月16日に再開すると発表した。

上田電鉄では台風19号が通過した10月13日、上田~城下間に架かる全長約220mの千曲川橋梁が一部損壊していることが判明し、翌14日も全線で運行を見合わせたが、10月15日には下之郷~別所温泉間を再開。城下駅からの運行については電力・信号設備などの問題から見合せが続いていた。

再開の目途が立っていない上田~城下間については「今後、別所線千曲川橋梁の復旧に向けた調査を行ってまいります」としている。

11月16日以後は上田~城下間で代行バスが運行されるが、上田電鉄にとってはこの負担が大きく、11月4日に被災箇所を視察した赤羽一嘉(あかばかずよし)国土交通大臣は、運行に要する経費を国として支援したい考えを示したという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 明治時代中期に設立された近江鉄道には歴史を感じさせる駅も多い。写真は2017年8月に再生された大正建築の日野駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 上総中野駅に並ぶ小湊鐵道(右)といすみ鉄道の気動車(左)。黄色い車両は、現在は運行されていないいすみ鉄道の「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • 「先進的でスピード感ある車体形状とそれを際立たせるメタリック塗装」とした80000系『ひのとり』の外観。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/06/328447.html/article/2019/11/06/328446.html/article/2019/11/06/328448.html